睡眠中の能というものについての説明

睡眠の質ということに関しての概要

そもそもテアニンは体内で合成されないので食事からしか摂れない成分ですが、最近は多くのメーカーからこのテアニンを多く使ったサプリメントが多数販売されているので以前より簡単に摂取できます。テアニンを摂取すると得られる効果は休息したあとのすっきり起きられる感覚のみならず、ほかにも不安を少なくする効果や記憶力の上昇といった1つの成分では考えられないほどの働きが多くの実験で明らかになってきました。

毎日毎日煎茶や抹茶をたっぷり飲んでも効果は期待できますが、カフェインも多く含まれているので眠りが浅くなることもあり極端に飲みすぎると痙攣やパニック障害などの症状が出るという危険があり注意が必要です。テアニンによって睡眠の質を上げるには50〜200mgのテアニンをお茶などで摂るのが効果が高いと考えられ、このテアニンの必要量は各実験でも効果が観測できたテアニンの量なので効果が出る可能性が高いです。

テアニンをのんでしばらく待つとα波が増えます。このことで脳をリラックスさせる効果があることがわかります。この効果で睡眠の質を下げる原因が減るという効果が考えられます。お茶などでテアニンをある程度飲んで睡眠をとるとグッスリ眠れますし、よく眠れた感覚が強く感じる傾向が海外の実験で証明できました。

テアニンは効果の多さに驚きますが、2017年現在、副作用は見つかっていません。対人試験は行われていませんがマウスを用いたテアニンの高用量試験では大量のテアニンを継続的に注射しつづけましたが、心身共に健康的な状態が証明されました。煎茶や番茶、抹茶、玉露などは十分な量のテアニンを摂るには素晴らしい飲み物なので見落とされがちですが、覚醒成分カフェインも多く入っている飲み物です。このカフェインの影響で眠れなくなるリスクも多分にあります。

テアニンとカフェインの2つを合わせて取り込むと一気に集中力が向上し、憂鬱な気分も晴れて認知能力も劇的に向上することが実験からわかっています。しかし1日250mg以上のカフェインを摂るとカフェイン中毒になり錯乱したり自殺願望がでるリスクがあるのです。テアニンという成分をしっかり摂るにはどんな飲み物がいい選択だと思いますか?お茶に含まれるカフェインの中毒を未然に避けるには休息サプリで補給するのが効率的です。

L-テアニンはお茶に含まれている成分で人体の中では全然作る方法はありません。つまりテアニンの高い効果を体験するには常に200mg程度のテアニンをお茶やサプリで摂ることが重要です。睡眠の質を高めるためにテアニンの取ろうと考えているのであれば、睡眠のためにテアニンを飲み物で摂ることは決してお勧めできません。テアニンは十分にとれるのですが、テアニンとともに必ず眠りを妨げるカフェインも取り入れることになってしまうからです。

よく眠れなくてテアニンで睡眠の質を上げる目的なら睡眠改善のための成分が多いテアニンサプリメントを使い、勉強などのために集中力や記憶力を改善させたいのであれば日本茶でテアニンとカフェインを合わせて取り込むのが1番です。睡眠におけるテアニンの効果は人に対しての投与試験でも証明され、全く副作用も見つかっていないのでBZ系睡眠薬や抗不安薬など強い依存のある薬を使って後戻りできなくなる前にテアニンで睡眠環境が良くなるか試すのが有力ですよね。

テアニンの多く含んだサプリメントはリラックス効果を狙い撃ちにする成分が豊富に配合されています。逆にカフェインの相乗効果で集中力を上げる効果を体感できる商品はまったくありません。つまりテアニンを取り入れる目的によってどちらがより合った方法かが変わります。

この記事へのコメント