日本人の睡眠についての概要と解決方法

光と睡眠の性質に関しての解説

テアニンというのはお茶に豊富に含まれる成分で人の体の中では作る術はありません。テアニンの睡眠やリラックス効果をしっかり得るためには十分な量をお茶やサプリで摂るといいでしょう。お茶(煎茶や抹茶)はテアニンをしっかり摂るにはとてもいい方法なので多くの人が見落としがちですが、睡眠を妨げるカフェインもテアニン以上に含まれているのです。カフェインは覚醒作用が強いため眠気が消えてしまうこともあります。

テアニンによって睡眠の質をしっかり改善する効果を期待するなら最低でも50mgのテアニンの摂取が必要で、このことはテアニンに関する多くの実験で投与した量です。現在、睡眠の質や不眠症に悩んでいるのであれば、睡眠の質を上げるために煎茶でテアニンを取り入れるのは避けるべきです。テアニンは十分にとれるのですが、テアニンとともに睡眠を妨害するカフェインも入っていて一緒に飲むことになってしまい、眠りが浅くなるリスクが高まります。

テアニンを摂取で享受できる効果は眠った後のよく眠れた感覚のみならず、ほかにも月経前症候群(PMS)時のイライラを軽減する効果や記憶力、集中力の向上など多岐にわたる働きをすることが実験で立証されています。朝の疲労回復がなくて睡眠の質を改善するのが狙いならグリシンやGABAも多く含まれた休息サプリを活用し、仕事のために集中力や記憶力をあげたいのであればお茶類でテアニンとカフェインを同時に摂るのが効率的です。

テアニンという成分は体内で合成されないので食事からしか摂る術がない成分と考えられていましたが、ここ数年多くのメーカーからお茶から抽出したテアニンを豊富に含んだ睡眠サプリが数多く販売されている関係で手軽にテアニンを摂取できるようになりました。テアニンが睡眠障害にも効果を発揮する可能性は人体への投与でも確認され特に副作用もないとされているので睡眠薬など強い副作用があり依存性もある薬を使い続けて後悔する前にテアニンを先に試すのがいいでしょう。

サプリなどでテアニンを200mgほど取り入れて布団に入ると熟睡できますし起床時にもよく眠れた熟眠感と疲労回復感が高まることが国内外の実験で確認できました。テアニンという睡眠補助成分をしっかり摂るにはお茶でとるのがいいのでしょうか?摂りすぎると怖いカフェインの依存や中毒を起こさないためには休息補助サプリでテアニンを取り入れるのが1番です。

ちなみにテアニンには大小関わらず副作用は確認されておらず、安全な成分です。対人実験では大量に服用させられないのでマウスを用いたテアニンの高用量試験ではテアニンを高用量で与え続けましたが、特に異常を来すこともなくテアニンの高い効果だけが観測されています。お茶やサプリで十分なテアニンを服用して20分ほどするとリラックス状態を表す脳波「α波」が出ます。つまりリラックスして嫌なことを考えなくする効果が高く睡眠の質を下げる原因が減るという効果が期待できます。

睡眠補助のテアニンと覚醒補助のカフェインを一緒に飲むと効果が合わさり集中力が向上し、記憶力がとても上昇することが知られています。しかしカフェインを大量に摂ると依存症になる可能性があるので飲み過ぎには注意が必要です。テアニンの多く含んだ快眠サプリはトリプトファンなどの睡眠関連の効果に注力しています。一方、カフェインとの相乗効果で記憶力を上げる効果を見据えたものは現在販売されていません。テアニンを取り入れる目的によってどの方法がいいか決めましょう。

継続的に煎茶や抹茶を飲んでもいいでしょう。でもお茶にはカフェインが多いので睡眠を阻害する可能性があり飲みすぎると吐き気や嘔吐などの中毒症状を発症する場合もあります。

この記事へのコメント