睡眠障害に関して問題提起と解決方法

光と睡眠ということに関しての説明

このテアニンという成分はお茶の中に多く含まれている成分で体内の代謝ではほぼ作ることができません。つまりテアニンが持つ高い効果を十分に得るためには毎日200mgのテアニンをサプリメントやお茶で摂ることが必要なのです。お茶やサプリなどでテアニンを体に入れてから20〜40分時間をあけるとα波が観測できます。このことから脳をリラックス状態に持っていく効果が強くうつ症状などの不眠の原因を軽減させられると期待できます。

起床時の疲労回復など睡眠の質を改善させることを体感するためには毎日50〜200mgのL-テアニンが必要で、テアニンの摂取すべき量はテアニンに関しての実験で効果が観測できたテアニンの量を基準にし、効果的な摂取量です。緑茶類全般はテアニンの摂り方としてはとてもいい方法ではありますが、睡眠を妨害するカフェインも同時に含まれているのです。このカフェインの影響で良質な睡眠にならないという場合も考えられるのです。

テアニンは起床時の疲れがしっかり回復した感覚の他にもうつ状態などの不安を少なくする効果や記憶力、集中力の向上などさまざまな種類の働きをすることがさまざまな実験でわかっています。お茶のメリットはテアニンとカフェインをセットで摂取すると一気に集中力が上昇し、さらに認知記憶能力も上がることが知られています。しかしカフェインの取りすぎで錯乱したり自殺願望が出るなどカフェイン中毒になる可能性があるのです。

L-テアニンは決まった食品からしか摂ることはできないと思われていましたが、最近は睡眠補助成分テアニンを多く含んだ睡眠サプリがたくさん発売されている関係で手軽にテアニンを摂取できるようになりました。今睡眠で悩んでいるのなら、夜になってから抹茶でテアニンを摂ることは決してお勧めできません。もちろん十分な量のテアニンは摂れますがテアニンと一緒に眠りを妨げるカフェインも飲むことになることで睡眠の質を下げてしまうからです。

テアニンの有効性は多くの実験で観察されていて、特に副作用も確認されていないので処方薬としての睡眠薬などの強い依存のある薬に手を出して後戻りできなくなる前の最後の手段としてテアニンをまず飲むのがまずやるべきことです。睡眠を始め多くの効果があるテアニンですが、依存や耐性など副作用は確認されていません。マウスによる検証実験によるとテアニンを高用量で毎日投与しましたが、心身共にテアニンの高い効果だけが証明されています。

テアニンが多い快眠サプリはリラックス効果を狙い撃ちにする成分を多く含んでいます。カフェインと一緒に飲むことで記憶力や集中力を上げる効果を得られるサプリはほとんどありません。どんな効果が欲しいかによってテアニンの摂取方法を変える必要があります。テアニンをたくさん取るために日本茶などをたくさん飲んでもいいですが、お茶にはカフェインが多いので眠気がなくなったりトイレが近くなったりしますし飲みすぎると吐き気や嘔吐などの中毒症状を発症する危険性もあります。

朝の疲労回復がなくて今より睡眠の質を向上させる狙いで摂取するならグリシンやGABAも多く含まれたテアニンサプリメントを使い、集中力や記憶力を向上させる効果が欲しいなら玉露茶でカフェインもしっかり飲むのがいいでしょう。テアニンという睡眠補助成分をたくさん摂るにはどんな飲み物でとるのがいいのかわかりますか?テアニンと一緒にとりがちなカフェインのさまざまな中毒症状を回避するには睡眠サプリメントで毎日しっかり摂取するのが1番安全性の高い方法です。

このテアニンという成分を十分な量取り込んでから布団に入るとよく眠れて起床時によく眠れた感覚や疲れがとれた感覚が強くなることが海外の実験で確認できています。

この記事へのコメント