睡眠といびきについての解説

光と睡眠に関しての説明と解決方法

テアニンは高い効果がありますが、大小関わらず副作用は全くありません。マウスでのテアニンの高用量試験では大量のテアニンを毎日投与しましたが、身体的にも精神的にも異常をきたすことはなくテアニンの高い効果だけが観察されました。テアニンをしっかり配合した休息サプリはリラックス効果を狙い撃ちにする効果を売りにしています。カフェインとの相乗効果で認知記憶能力の向上を狙ったサプリは全然ありません。やはりテアニンのどの効果が欲しいのかでお茶かサプリを選ぶようにしましょう。

テアニンの効果と可能性は検証実験で立証されていて、重大な副作用もないとされていることからうつ病や睡眠障害の改善薬など強い副作用があり依存性もある薬を使って副作用に苦しむ前にテアニンで改善しないか試すのが先決です。睡眠の質を上げるテアニンを毎日200mg摂るにはどういった方法が1番いいと思いますか?カフェインで怖い中毒や副作用を回避するには快眠サプリで毎日補給するのが1番効率がいいです。

睡眠を深くしてくれるテアニンは茶葉に含まれている成分で人体の中では全然作ることができません。テアニンの熟睡効果や疲労回復効果を得るにはしっかり毎日サプリメントやお茶で摂ることが重要です。実はテアニンとカフェインを合わせて取り込むと相乗効果で集中力が上がり、さらに記憶力が劇的に向上することが確認されています。ただし大量にカフェインを摂ると幻覚や幻聴など中毒症状が出る可能性もあり要注意です。

リラックス効果の高いテアニンは一般的に食事でしか摂る方法がないと考えられていましたが、ここ数年多くのメーカーからこのL-テアニンを豊富に配合された睡眠サプリが多数販売されているためお茶より簡単に摂取できます。サプリなどでテアニンを毎日十分に摂取してから寝るようにすると起きた時に疲労回復感がテアニンを飲まない人より明らかに高くなることが数多くの実験で明らかにできました。

L-テアニンを体内に取り込んでしばらく経過するとα波が出始めることから、テアニンを摂ることでリラックスできる効果が高いとわかります。つまりうつ症状などの不眠の原因を軽減させられるという効果が期待できます。睡眠の質を高めたいと考えているのなら、夜に玉露茶や抹茶を飲むことはオススメできません。お茶には十分なテアニンが含まれていますが、テアニンのみならず一緒にカフェインを取り入れることになるからです。

お茶(煎茶や抹茶)はテアニンの摂取方法としては魅力的な飲み物なのですが、覚醒作用のあるカフェインも大量に含まれているのです。このカフェインの影響で睡眠の質が下がるというリスクが考えられます。よく眠れなくて睡眠をより良いものにするのが狙いなら睡眠補助成分が豊富な休息サプリを活用し、仕事に活かせる認知記憶能力を向上させるためにテアニンを摂るならお茶類でテアニンを摂取するのが効率的です。

テアニンの効果を得るために抹茶や玉露茶をたくさん飲んでもテアニンはしっかり摂れます。ただ、お茶にはテアニンだけでなくカフェインも含まれるためトイレのために中途覚醒するなど睡眠の質は下がりますしカフェインを摂りすぎると痙攣やパニック障害などの症状が出るという危険もあるので覚えておきましょう。テアニンは起きた時の疲労回復感が主な効果ですが、この他に抗ストレス効果やリラックス効果、カフェインとの相乗効果で記憶力を上げる効果などさまざまな効果を発揮することが数多くの実験でわかっています。

テアニンを摂取することで睡眠の質を少しでも上げるためには継続的に200mg程度はテアニンをサプリ等で飲むことが必要で、このテアニンの必要量はテアニンの人体に及ぼす影響を計測する実験で被験者がテアニンの効果を実感できた量です。

この記事へのコメント